プロミスの即日融資(カードローン)の流れを分かりやすく解説します。

プロミス 即日融資の方法

プロミスは最大手の消費者金融で担保や保証人なしで個人にお金を貸してくれるサービスですが、
具体的な借り方は知らない人も結構いるのではないでしょうか?

そこでプロミスでの具体的なお金の借り方をまとめてみました。

初めての人の場合、ネット(パソコンでもスマホでもOK)で申し込み、審査をしてもらいます。
審査は早くて最短30分で完了します。


【プロミス】実質年率『4.5%〜17.8%!』審査は最短30分♪
プロミス


審査が完了したら当日にでもお金を借りられます。
いくら借りられるのかは、その人の年収や金融事故歴などによって違います。
お金の受け取り方はいろいろあり、プロミスの有人店舗でも無人ATMでも、コンビニのATM(手数料がかかりますが)でも銀行振り込みでも可能です。


気になる返済方法と利息ですが
利息(金利)は初めて利用される人は年間17.8%です。
この金利は同業者アイフル、モビット等大手消費者金融もほぼ同じで差はありません。

プロミスの毎月の返済額はこうやって決まります。
『申し込んで借りた金額』によって『毎月の返済額(定額)』が決まります。


ここで勘違いしてしまいそうなのが、返済が進むごとに借りている残高が少なくなるので毎月の返済額も少なくなるのでは?と思われる方もいるかもしれませんがそうではなく、最初に借りた時点で、毎月の返済額は決まってしまい、それは完済するまで変動しないという事です。

ではその返済額はいくらなのかと言うと下記です。

@借りる金額=30万円以下の場合

借入金 × 3.61%
例として30万円借りた場合、30万円×0.0361=10,830円です。 (実際には1,000円以下は切り上げなので毎月11,000円の返済となります。)

A借りる金額=30万円より多く〜100万円以下の場合

借入金 × 2.53%
例として100万円借りた場合、100万円×0.0253=25,300円です。 (実際には1,000円以下は切り上げなので毎月26,000円の返済となります。)

B借りる金額=100万円より多い場合
借入金 × 1.99%
例として500万円借りた場合、500万円×0.0199=99,500円です。 (実際には1,000円以下は切り上げなので毎月10万円の返済となります。)

上記より多く払える月があれば払ってもいいし、一括で返せる状況であればそれでも良く、そうすれば早く完済する分、利息も少なくなります。





プロミスの返済時の手数料を無料にする方法

プロミスには返済にはいろいろな方法がありますが、手数料がかかる方法とかからない方法があります。

返済方法は下記の7種類です
1、インターネットバンキング、
2、口座振替、
3、店頭窓口、
4.プロミスATM、
5、提携ATM、
6、コンビニのマルチメディア端末、
7、銀行振込

このうち手数料がかからない方法は下記の5種類です。
@インターネットバンキング(下記の5行 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行 )
@口座振替(銀行口座からの自動引き落とし)、
@店頭窓口、
@プロミス専用ATM
@コンビニのマルチメディア端末(ネットにつながっているパソコンのようなものでATMとは違います。Famiポート(ファミリーマート)、Loppi(ローソン)、Loppi(ミニストップ))


逆に言うと提携ATM(つまりコンビニなどにあるプロミス専用じゃない一般のATM)と銀行振り込みは手数料がかかってしまいます。


おすすめはインターネットバンキングですが、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行に口座を持っていない方や持っていてもインターネットバンキングをやりたくない人もいると思いますので、そういった方は銀行振替(自動引き落とし契約)がおすすめです。

それ以外の方法と比べて返済し忘れることが無いからです。
返済し忘れてしまうと、滞納扱いとなってしまい、次回以降利用する際に条件が悪くなってしまいますので、それは避けるべきです。
逆に滞納せずに返済しきれば良い履歴としてカウントされて後に、科融資枠が広がったり、利息(金利)が安くなったりという恩恵を得られます。

ただし、銀行振替にしているから安心だと思っていても口座に入れているお金が足りないとやはり未納になってしまいますので、不足にならないように注意してください。




【プロミス】実質年率『4.5%〜17.8%!』審査は最短30分♪
プロミス

プロミスの上手な利用方法 臨時返済、一括返済がおすすめ

プロミスの返済方法ですが基本的な方法は毎月、定額を返済するものですが

それとは別に余裕がある時に臨時で返済できます。
もちろん一括で返済する事もできます。

そしてこれがおすすめの返済方法です。

当然ですが早く完済すれば、早く完済するほど、支払う利息が少なくなります。
(つまり、借りた金額分のみの返済に近くなるという事です。)



具体的な例を見てみましょう。

プロミスでは初めての利用者の金利(利息)は17.8%です。
これは10万円を1年借りた場合、支払う利息は17,800円という事です。

では、借りた翌月に全額返済したら利息はいくらなのかと言うと、17,800円÷12(ヵ月)=1,483円です。
これくらいの利息なら痛くもなんともないという人も多いのではないでしょうか?


更に言うと、借りた翌日に全額返済することも出来ます。
その場合の利息は何と1日分の利息です。
10万円借りた場合の利息が年17,800円でしたので
17,800÷365(日)=49円です。

更に言うと借りた当日の内に返済した場合、利息は0円です。
プロミスにしてみれば無償奉仕です。

どんな人が借りたその日の内に全額返済するんだ?って思われるかもしれませんが、
出先で買い物などの支払いの際にクレジットカード払いに対応していないし、持ち合わせの現金が足りない、なんて場合などがそれに当たります。




【プロミス】実質年率『4.5%〜17.8%!』審査は最短30分♪
プロミス

 

サイトマップ